資産形成の
プロや経験者から
直接回答がもらえる
日本最大級の
資産形成Q&A

Q&Aを検索する
質問を投稿する

資産形成比較ランキング

資産形成おすすめ情報をお届け

不動産投資セミナーのオススメNo.1

グローバル・リンク・マネジメント

少額でコツコツ投資するなら↓コレ

シェア投資Funds(ファンズ)

資産形成お役立ちコラム

ピックアップQ&A

view more

資産形成と資産運用の違いと資産形成でおすすめの商品

「資産形成」と「資産運用」は似ている言葉ですが、明確な違いがあります。ここでは資産形成と資産運用の違い、また資産形成をする上でおすすめの商品をご紹介します。

資産形成と資産運用の違い

資産形成とは、0から収入の積み重ねることで、コツコツと資産を増やしていくイメージです。資産運用は、すでに形成した資産をどうやって増やしていくのか、どうやって守っていくのかということになります。そのため資産が0の場合は資産運用が出来ず、最初は資産を形成するところからはじめます。

資産形成で重要なこと

資産形成で重要なことは、当たり前ですが、収入を増やして支出を減らすことです。 収入を増やすのは、会社で頑張るのも良いですが、転職したり、副業で稼ぐなど方法はいくらでもあります。 まずは無理のない範囲で収入を増やすと良いです。支出を減らすためには、プランを立てて計画的にお金を使い、極力無駄遣いをしないようにしましょう。

資産形成でおすすめの商品

ここにきて、資産を増やすための金融商品も増えてきました。これは、利用すると税金が優遇される制度が揃ってきたのも一因かもしれません。ここでは資産形成でおすすめの商品を比較してみます。以下は、各商品の代表例となりますので、これ以外にも資産形成を増やすための商品があります。

積立式定期預金

イオン銀行 りそな積立式定期預金 楽天銀行 ソニー銀行 ゆうちょ銀行
対象年齢 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
金利(2019年4月1日現在) 0.08%
※税引後0.063%
0.01% 0.03% 0.05% 0.01%
上限金額 50万円 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
※ただし積立回数が108回と上限あり
税の優遇の有無 なし なし なし なし なし
引き出し 可能 可能
※目標型の場合は、目標日以降。一般的な積立の場合はいつでも可能
可能
※ただし現金での払い戻しは不可
可能 可能
資産形成開始金額 500円から 1000円から 1000円から 1000円から 1000円から
手数料 不明 なし 不明 なし

外貨預金積立

イオン銀行 ソニー銀行 三井住友銀行 楽天銀行 じぶん銀行
対象年齢 20歳以上 外貨普通預金口座を持っている人でかつ申し込み時点で満20歳以上 外貨普通預金口座を持っている人ならだれでも 20歳以上 円普通預金口座および外貨普通預金口座を持っている人で、満20歳以上
金利(2019年4月1日現在) 変動金利 変動金利 外貨普通預金金利と同じ 変動金利 変動金利
積立日 毎日or毎月5日、15日、25日から任意の日を1つから3つを選択 毎日、毎週、毎月(最大3日まで指定可能)から選択 毎日、毎週、毎月(日付指定もしくは月末)から選択 7日、14日、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年 毎日、毎週、毎月から選択
上限金額 制約なし 制約なし 500万円 制約なし 1000万円
税の優遇の有無 なし なし なし なし なし
資産形成開始金額 500円から 500円から 500円から 3000円から 100円から
為替手数料 外貨によって異なる 外貨によって異なる 外貨によって異なる 外貨によって異なる 外貨によって異なる
対象通貨 3通貨
(米ドル、豪ドル、NZドル)
12通貨
(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、ブラジルレアル、中国人民元、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)
17通貨
(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、ノルウェークローネ、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、中国人民元、トルコリラ、ブラジルレアル、南アフリカランド、メキシコペソ)
7通貨
(米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド、NZドル、南アフリカランド、中国人民元)
8通貨
(米ドル、ユーロ、豪ドル、中国元、レアル、ウォン、ランド、NZドル)

Q&A閲覧ランキング

view more

新着コラム

view more