ゴールドマン・サックス、トップページで仮想通貨やメタバースを特集

Pocket

経済を変えるメガトレンド
米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは公式サイトで、暗号資産(仮想通貨)を含む「デジタライゼーション(Digitalization)」に関するインサイトを宣伝していることが判明した。トップページの一面には、「暗号通貨やメタバースについて、経済を変えるメガトレンドを探求する」とあり、専用ページへ案内している。

デジタライゼーションの項目は、コモディティ、中国、COVID-19など24種類のトピックについて、ゴールドマン・サックスのインサイト(洞察)を集約している「Explore by Topic」の一つだ。

デジタライゼーションのページへ遷移すると、「WEB3とメタバース」カテゴリーがトップにあり、同行が公開している記事やレポートが集約されている。直近の記事は、「次の技術戦場:オンラインゲーミングとメタバース(3月12日)」、「Web3.0の未来像:メタバース編(21年12月)」がある。ページ下部を見ると、ヨーロッパのデジタル経済、ブロックチェーンと分散型ウェブ、といったサブカテゴリ―が並んでいる。

引用:COINPOST

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2022年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

あわせて読みたい資産形成ニュース

    関連アイテムはまだありません。