株式投資型のクラウドファンディングって何ですか?


株に関する質問

Q
  • 株式投資型のクラウドファンディングって何ですか?
  • Pocket

    ネットで呼びかけて資金を提供してもらうクラウドファンディングはよく見かけますが、株式投資型のクラウドファンディングとは何が違うのでしょうか?
    以前クラウドファンディングで支援した際にはネットの購入型で行ないました。

    その際に様々なサービスを受けることができましたが、株式投資型ではどのようなサービスが受けられるのでしょうか?
    通常の資金調達や資金提供は銀行や個人融資家に資金提供を呼び掛けなど難しいことが多いですが、クラウドファンディングはネットで比較的に簡単にできていました。

    株式融資型でも同じように簡単に資金調達や支援ができるのでしょうか?
    支援者だけでなく、自分でもいつか起案者になることを考えているので、株式投資型クラウドファンディングの詳細と購入型との違いが詳しく知りたいです。

    様々な資金調達、支援の在り方はありますが、その中でも株式投資型を選ぶメリットは何があるのでしょうか?
    デメリット部分も詳しくお願いいたします。

    他にもクラウドファンディングの種類があるなら、それらと比較した上で詳しく教えてもらえると幸いです。
    また、支援と起案を行なう際の注意点などもあったら教えてください。

  • shiuxosn666
  • 153
回答2件
  • grycleuwheut555

クラウドファンディングは、株式投資型以外にも寄付型や購入型、投資型、融資型などが存在し、寄付型はその名の通り寄付であり、全額を復興などの寄付に回すので支援者はサービスや特典は受けられません。

購入型は支援者がお返しとして物を受け取ったり、様々なサービスを受けたりすることができます。
起案者が資金を受け取る際に支援者に還元される仕組みであり、多くの人に現在利用されているのはこの購入型となっています。

利子という形でリターンが受けられる融資型や集まった資金、利益から投資型も金銭的な見返りが得られますが、株式投資型のクラウドファンディングではこのサービスとして受けられる部分が非上場企業の株式の取得となっています。

まだ上場していない企業の資金調達は親族や知り合いからの支援、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家などで行なっていましたが、クラウドファンディングの登場によってインターネットでより多くの人から投資を受けることが可能となりました。

日本ではまだ登場して間もないですが、応援したい企業がある場合、投資しておくことで将来その企業が上場した際に大きなリターンも期待できるのが大きな特徴です。
このタイプで資金調達を行なうには事前審査や入念な計画、免許などが必要になってくるので他のタイプよりも難易度は高くなってきます。

Nice 1 この回答が参考になったらボタンを押してください
  • breimia509

株式投資型のクラウドファンディングのメリットは個人でも上場していない企業に投資できることです。
従来の方法では上場していない企業に一個人が投資する機会はほとんどありませんでした。

しかし、クラウドファンディングの登場で投資できる場や機会が大幅に増え、また通常の株に比べて少額での投資ができるのもメリットの一つです。
企業が上場する前段階から資金提供ができるので、少しでも企業に貢献したいと考えている方には直接的な支援ができるのでオススメです。

上場した後の還元が大きいこともメリットの一つですが、その他には税金の優遇措置が受けられることも大きなメリットとして挙げられます。
一定条件が必要ですが、総所得や株式譲渡で出た利益から控除してもらえる制度で投資家にはメリットが大きくなります。

しかし、株式投資型のデメリット部分は自由に株式の売却ができないことです。
非上場企業故に新規で上場する前は証券会社を通しての売却ができず、自由度が低いのが難点です。

また、売却できる場合でも譲渡に制限がかかる場合があり、多くの手続きを行なう必要があります。
また、資金調達には1億未満、資金提供の場合は50万円までと金額に上限が付く点にも注意しましょう。

Nice 1 この回答が参考になったらボタンを押してください

株の質問一覧へ戻る

今、最も注目されている 資産形成比較ランキング ランキングはこちら

おすすめQ&A