用語集

な行

  • 内部留保

    企業の利益の内、社内に留保される部分。つまり今期の税引き利益から、税金や配当金、役員賞与などを差し引いた残りの部分を内部留保と呼びます。この内部留保は、利益準備金、事業拡張積立金、配当平均積立金、別途積立金、任意積立金、次期繰越利益金から成り立っています。内部留保は一概に現金であるというわけでもなく、株や設備など、どのような形で保有されているかは分かりません。よって内部留保がたくさんあるからといっても、それが現金でなければ内部留保額を減らすことにはつながりません。

  • 成り行き

    「成り行き注文」の略称。成り行き注文とは値段の指定をしない注文方法を意味します。値段は売買が成立した相手によって変わり、成り行き注文をした人にとって最もふさわしい相手との売買にのみ取引が成立するようになっています。たとえば成り行き売り注文をした場合、その市場で最も高く買い注文をしていた人との間で売買が成立します。反対に成り行き買い注文した場合は、最も安い値段で売り注文をしていた人との間で売買が成立します。成り行き注文は売買が成立しやすいというメリットがある一方で、相場の変動が大きければ予想以上の値で売買しなければならない可能性もあります。

  • 難平(ナンピン)買い

    既に保有している株価の値が下がった際に、株数を買い増しすることで株の平均取得単価を下げる効果を指します。たとえば1株1,000円の株を50株購入していたものが、1株900円に値が下がった場合。その際、もう50株買い増したとすると、元々購入していた株価から50円分ずつ安く購入ができることになります。この平均単価を安くすることこそ、ナンピン買いのメリットです。一方で株価が更に下がってしまった際には、含み損が出てしまう可能性もあるので、注意も必要です。市場を読む経験の少ない投資初心者には向かない方法とも言われていますので、注意が必要です。

  • 日経平均株価

    日本経済新聞社が発表している株価指数です。東証一部上場の銘柄を基に算出された株価の平均値を指します。日本の株式市場を把握する上で大きな指標となる平均株価で、投資信託や先物取引などにも利用されています。日経平均株価は、株価を銘柄数で割って平均値を出し、そこに過去の連続性を持たせるといった特殊な修正を加えて算出しています。日経平均株価の他にも日本の株式市場における代表的な指標として、TOPIXなども挙げられます。また、ナスダックと正の関係とも言われているので、チェックする際は両方に目を通すと良いでしょう。

  • 任意積立金

    任意積立金とは利益剰余金などの配当可能利益の中から、その名の通り任意に積み立てられるお金のことで、「任意準備金」と言う名称で呼ばれることもあります。任意積立金にも種類があります。大まかに分類すると、技術研究積立金、新築積立金、事業や設備に関する積立金、退職に関する積立金、配当積立金、別途積立金などが任意積立金として挙げられます。

  • 値嵩株

    一単元あたりの株価の水準が高い銘柄を値嵩株と呼びます。値嵩株の反対で株価が低いものを低位株と呼びます。値嵩株も低位株も、どれだけの価格で、という明確な基準は存在しませんが、一般的に1株5,000円程度以上の銘柄を値嵩株と呼び、1株300円を下回る株を低位株と呼ぶことが多く、1株が100円を切るような場合であれば超低位株と呼ばれたりもします。また、値嵩株や低位株に対して中程の株価のものを中位株という名称で呼びます。

  • 値つき

    売買が成立し、銘柄に値段が付くことを指します。市場において、取引が成立しやすく値段がすぐに付く銘柄を「値付きがが良い」と言い、反対に、取引が中々成立せず値段が付かない銘柄を「値付きが悪い」という言葉で表現します。相場が活況している状況で売り手も買い手もたくさんいる場合であれば、取引も成立しやく、値付きが良い相場は長続きすると言われます。一方、売り手や買い手の数が少なく、相場状況が寂しければ、反対にどれだけ好成績の銘柄であっても値付きの悪い状態が続いてしまいます。また、売り一色や買いが殺到してしまうことも値付きが悪くなる原因の1つです。

  • 値幅制限

    証券取引所の役割とされる適正な株価の形成と、異常な下落などで生じる不測の損害から投資家を保護する目的として、国内株式市場では株価価格の変動幅を基準に上下一定の範囲内で、1日に変動できる幅の制限をかけています。この制限が値幅制限。値幅範囲は価格によって決まりますが、値幅制限の上限まで上昇することをストップ高、反対に値幅制限いっぱいに下落した場合をストップ安と呼びます。制限があればこそ、投資家の恐怖感や過熱感は和らぎ、急激な売りや買いを抑制できる効果もあると言われます。また、ストップ高・ストップ安で取引が終了した場合などであれば、株価を1日据え置くことで、投資家の心理を冷静にさせる効果も期待できます。

  • ノッチ

    刻み目、階級、格付けの意味を持つ用語で、信用格付け会社が行う格付けにおける最小単位を表します。格付けとは、AAA・AA・A・BBB・BB・Bなどのようにアルファベットで表されますが、更に細かく「+」や「-」の符号をつけ、格付けが上位であれば+の符号を、反対に下位になれば-の符号をつけて表します。+AA・AA・-AAなどのように分類されます。この+AAとAAとの差を1ノッチと呼び、+AAと-AAでは2ノッチという表現で表されます。

  • ノーロード/ノーロード投資信託

    販売手数料無料の投資信託です。投資信託は、事務手数料や商品の説明を行う上で発生する費用として、販売手数料を支払うのが一般的ですが、しかし近年ではインターネットを通じた投資信託の購入が進み、人件費を削減できるようになってきました。この傾向を受け、販売手数料を設けずとも投資信託を購入できる、ノーロード投資信託が生まれました。ノーロード投資信託であれば販売手数料が無料である為、積立投資と相性がいいのが特徴的です。ネットの普及によりノーロード投資信託を選択するケースが増えている一方で、直接的かつ丁寧なサポートが得られないといったデメリット面も存在します。未経験者や手厚い説明を受けたいならば、証券会社や銀行での購入がおすすめです。

資産形成ランキング