【注目】フィンテック投資の勢いが止まらない

Pocket

アクセンチュアが統計をまとめた内容によると、シンガポールの昨年のフィンテック(fintech)投資は3億6500万ドル(約405億円)となり前年の2倍の額となったことを発表した。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1万円から始める投資。年利10%期待
1日500円以下でマンション経営
保険見直しで大幅な家計改善
━━━━━━━━━━━━━━PR━

フィンテック業者の定義は、銀行・企業金融、資本市場、金融データ分析、保険、決済、個人金融管理に関する技術の開発・提供企業であること。

アジア太平洋地域では、1位中国、2位インド、3位オーストラリア 4位日本そして5位にシンガポールとなる。

シンガポール企業への投資は71件で、金額で最大はクラウドコンピューティング業のデスケラに対する6,000万米ドル(約66億6,240万円)。保険のシンガポール・ライフには5,200万米ドル(約57億7,408万円)、ブロックチェーン技術のテラには3,200米ドル(約35億5,328万円)が投資された。

世界へ広げると、全世界でのフィテック投資は553億米ドル(約6兆1,405億円)で、中国企業への投資が255億米ドル(約2兆8,315億円)と全体の46%を占めた。最大の案件は、世界最大のモバイルとオンライン決済プラットフォームのアリペイを運営するアント・フィナンシャルへの140億米ドル(約1兆5,546億円)の投資であった。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1万円から始める投資。年利10%期待
1日500円以下でマンション経営
保険見直しで大幅な家計改善
━━━━━━━━━━━━━━PR━