個人投資家のための株式投資ポートフォリオ管理アプリ「シェアー」がかなりイケている件

Pocket

複数の証券会社をまたがって瞬時に資産状況をチェックしたい。と思っていませんでしょうか。
さらに保有銘柄をはじめとした企業の適時開示を閲覧・通知が欲しいと思いませんか。
「シェアー」がそれらを叶えます。

株式会社マジカルポケット(東京都千代田区南九段、代表者:平田 茂邦)が提供する個人投資家のための株式投資ポートフォリオ管理アプリ「シェアー」はiOSアプリに続き、AndroidアプリおよびPC版のリリースを2019年2月4日に行った。

一元管理できる証券会社は、SBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券とネット証券を網羅している。
尚、一般、特定口座だけでなく、NISAや信用取引情報にも対応している。

「シェアー」の適時開示情報が使える!

シェアーでは、iPhoneやiPad、Androidがあれば、どこにいても適時開示情報を閲覧することができる。
ブラウザでわざわざ適時開示情報のページや企業のIRページにアクセスしなくても、適時開示が公開され次第、アプリを開けばすぐにチェックが可能。
そして、お気に入りの企業の開示情報がプッシュ通知で届くところが憎い。
證券コードや企業名で検索し、お気に入り企業の登録をするだけ。

キーワードにヒットした適時開示の通知が届く

「株主優待」「株式分割」「立会外分売」「決算説明会」「公募増資」「第三者割当増資」「招集通知」「パイプライン」「業績予想の修正」など様々なキーワードを登録することで、キーワードに合致した適時開示情報のお知らせを受信できる。Apple WatchやWear OSの通知機能にも対応しているので、いついかなる時でもチェック出来る。これは嬉しい。

一元管理ならではのログイン機能

証券取引に関するパスワードは不要。ログインのIDとPWを登録するだけで、証券売買に必要なパスワードは不要になる。

適時開示人気ランキングを搭載

人気検索キーワードでは、適時開示なうのユーザーが検索しているキーワード(例:決算短信、配当予想、有価証券報告書…)をランキング形式で見ることができる。ランキング機能をみれば、どんな会社のどんな資料がよく見られているか、一目でわかるのが有難いところ。

「シェアー」の5つの特徴

(1)複数の証券会社の口座、保有銘柄を一括管理
(2)保有資産( 銘柄・現金) の資産推移がすぐに分かる
(3)保有銘柄のポートフォリオをビジュアル化
(4)過去の保有銘柄の状況も一覧で表示可能
(5)保有株やお気に入り株の適時開示を閲覧できる

全てのデバイスで利用できる「シェアー」を利用して投資ライフをより活性化させてみてはいかがでしょうか。

投資関連のアプリ情報

WealthNavi(ウェルスナビ)
クラシックな金融アルゴリズムである平均分散法・ポートフォリオ理論に基いて、国際分散投資を完全自動で行えるサービス。

TEHO(テオ)
1万円から始められる のが一番の特徴。大事な手数料は年1%(3,000万円まで)と分かりやすくて良い。 大手のSBI証券・住信SBIネット銀行ともコラボしているのも信頼度が高い。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1万円から始める投資。年利10%が期待できる
1日500円以下で出来るワンルームマンション投資
保険見直しは今がチャンス。大幅な家計改善
━━━━━━━━━━━━━━PR━