【新加入】日本仮想通貨交換業協会 マネーフォワードファイナンシャルなど5社

2019.2.4

Pocket

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が第二種会員として5社が加盟したと発表。

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)とは、仮想通貨交換業者を会員とする資金決済に関する法律(平成21年法律第59号、その後の改正を含み、以下「資金決済法」という。)第87条に基づく認定資金決済事業者協会である。
当協会の目的は、資金決済法第2条第8項に規定する仮想通貨交換業者が行う同条第7項に規定する仮想通貨交換業の適正な実施を確保し、並びに仮想通貨交換業の健全な発展及び仮想通貨交換業の利用者の保護に資すること。

JVCEAでは、3種類の会員資格を設けている

第一種会員
仮想通貨交換業者

第二種会員
資金決済法第63条の3に規定する仮想通貨交換業者登録の申請中の事業者又は申請を予定する事業者

第三種会員
(未定)

新加入した第二種会員は以下の5社

・マネーフォワードフィナンシャル
株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、当社の100%子会社。
仮想通貨メディア『Onbit(オンビット)』をオープン。本メディアは、仮想通貨に関する基本的な情報を仮想通貨取引の経験がない人にもわかりやすく伝えることを目的にローンチされ、公正で中立な情報発信を行うことで、適正な市場成長を目指す。なお、本メディアは、株式会社サイバーエージェントの関連会社である株式会社CyberOwl(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中啓太)から技術協力を得て開発。

・オーケーコインジャパン
世界有数の仮想通貨取引所を運営している、OKグループの日本法人として2017年9月に設立。
OKグループは2013年に設立され、世界をリードする仮想通貨取引プラットフォームを運営している。
各国での取引所開設のノウハウを元に日本での仮想通貨取引所オープンに向けた準備を整えておりビットコイン(BTC)を含め、複数の仮想通貨の取扱いを予定。

・マーキュリー
株式会社セレスの子会社である株式会社マーキュリーは、平成30年1月29日付けにて、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業の登録申請書を関東財務局へ提出し、受理された。

・FXCoin
昨年12月にドイツ銀行など金融機関出身者を中心に設立。仮想通貨のマーケット情報を発信しているほか、交換業進出を目指している。

・ディーカレット
18年1月設立。デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業を行うという。取締役にはIIJの鈴木幸一会長、元財務次官でIIJ社長の勝栄二郎氏らの名前が並ぶ。

見直してみよう利用中の仮想通貨交換所

DMM Bitcoin
最大¥111,000キャッシュバック(2019/2/1まで) 口座開設+取引高+入金額で貰える
関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業)

DMM Bitcoinの詳細はこちら≫


BITPOINT
ビットコイン¥3,000相当プレゼント サーバーダウン0回、安定した取引環境を提供
関東財務局長 第00009号(仮想通貨交換業)

BITPOINTの詳細はこちら≫


GMOコイン
2段階認証を必須化しセキュリティを強化。各種手数料が無料!少額から取引可能で手軽に始めれる
関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)

GMOコインの詳細はこちら≫


より詳しい情報は、こちらの「仮想通貨ランキング」をご参考にされてみてください。

今すぐ仮想通貨ランキングを見る≫