用語集

資産運用の専門用語を解説します!

オプション取引

Pocket

オプションとはある原資産に対して、一定日、または一定の期間において一定金額、またはレートをもって取引ができる権利を指し、オプション取引はこのオプションを売買する、取引するといった選択権取引を意味します。オプション取引購入者は一定期間や一定の日が訪れた時点で取引で得た権利を行使し、原資産を特定の価格で購入することができます。

例を挙げると、1株1,000円の株を100株分買おうとした場合。購入者はこの100株を現時点ではなく半年後に購入したいと考え、オプション取引にて「半年後に株券を1株1,000円の値で購入できる権利」を得たとします。この場合、たとえ半年後に1株が1,300円になっていたとしてもオプション取引の権利を行使すれば1株1,000円で購入できますし、反対に1株800円に値下がりしていたとしても、権利を放棄すれば購入せずとも済みます。

原資産が株式であれば「株式オプション」と呼ばれます。また、金利であれば「金利オプション」、通貨の場合「通貨オプション」とそれぞれ呼ばれます。