【業界最長】楽天証券、国内株式の夜間取引を開始。PTS取引の活用

Pocket

2019年3月18日(月)より、楽天証券株式会社(東京都世田谷区、代表:楠 雄治)は夜間取引を開始することを発表。
当取引では、私設取引システム(PTS取引)の夜間取引を開始する。
従って、楽天証券は業界最長※1の8:00~23:59※2までとなる。

※1:主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年2月22日現在、楽天証券調べ)
※2:楽天証券のPTS取引可能時間外(16時~17時)を除く

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1日500円以下でマンション経営!?
━━━━━━━━━━━━━━PR━

採用された、私設取引システム(PTS取引)について

私設取引システムとは
日本において、金融商品取引所を介さず有価証券を売買することが出来る電子取引システムをいう。年12月の証券取引法の改正で「取引所集中義務」が撤廃され、上場銘柄の取引所外取引が認められたことで、認可業務としての運営が可能となった。
(ウィキペディアより)

楽天証券のPTS取引は、チャイエックス・ジャパン株式会社が運営する「チャイエックスPTS(Chi-X)」とSBIジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS(JNX)」 に取次ぐ。
日本で運営されているPTSはこの2つだけで、そのどちらでも取引できるサービスを個人投資家向けに提供しているのは、主要ネット証券では楽天証券のみとなる。

楽天証券 PTS取引のメリット

・取引時間が長い
東証の取引時間外もお取引が可能。さらに、前場後場の間の昼休みも無し。

・呼び値の刻みが細かい
東証で取引するよりも「より高く売り、より安く買う」機会が得られる。

SOR注文がさらに活性化を向上させる

SORは、スマート・オーダー・ルーティング(Smart-Order Routing)の略称で、東京証券取引所やPTS(私設取引システム)など複数の市場から最良価格がある市場を自動的に選び、売買を執行する注文のことである。

楽天証券 SOR注文のメリット

・自動で価格有利な条件での注文執行が可能
東証で取引が成立する時間内において、原則として、東証の最良気配と同値かそれよりも有利な価格がPTS(私設取引システム)にあった場合に、自動的に最良価格で売買を執行。

・取引コストがいくら削減できたかすぐに確認可能
東証より有利な株価で約定が成立した場合には、東証にそのまま注文を出した場合と比べて、どのくらい取引コストを削減できたのかをすぐに確認できる。

「ジャパンネクストPTS」の開始及びチャイエックス・ジャパン株式会社が提供するSOR注文により、取引所取引終了後に発表される企業の決算情報やニュース、欧米市場の動向などによる株価変動に対応したリアルタイムでの取引が可能となり、機会を逃さず投資できる環境が整うことになる。

楽天証券、国内株式(現物)取引可能時間イメージ

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1日500円以下でマンション経営!?
━━━━━━━━━━━━━━PR━