都心のワンルーム投資が魅力的な理由

不動産投資

  • 都心のワンルーム投資が魅力的な理由
    Pocket

    ある程度の元手があって、始めて不動産投資が出来ると思われる方は多いかと思います。

    不動産投資は物件を購入して、それを貸したり売ったりことによって利益を得るため、
    まずは物件を購入するためのかなりの費用が必要になるというイメージがあるからです。

    しかし、近年ではそこまで元手を必要とせずに気軽に始めることが出来るワンルーム投資を行う人が非常に増えています。
    特に都心でワンルームを所有して利益を得ている人が多く出てきています。

    ではその魅力とは一体何なのでしょうか?なぜ人気が集まっているのか、
    きちんと資産を形成していくことが出来るのか、いくつかのポイントに分けてご紹介していきますので参考にしてみてください。

    家賃水準

    都心でのワンルーム投資が魅力的であると言われているのにはいくつかの理由があります。

    その一つ目の理由として挙げられるのは、家賃水準が高いというところにあります。
    東京都の物件は地方にある物件と比較すると、圧倒的に家賃相場が高くなっていますので、
    その分家賃収入として得ることが出来る金額が高くなります。

    都心の中でも新宿や池袋、銀座などの繁華街や品川などの湾岸エリアは人気の高いエリアですので、
    こう言ったところではより高い家賃の設定が可能です。

    そしてアパートやファミリータイプの部屋と比較しても家賃の変動が少なく、非常に安定しています。
    高い家賃収入を得ることが出来れば、安定した収益を上げることが出来ますので、
    修繕費や税金、備品購入費などの諸経費等で支出があったとしても、きちんと利益を出すことが出来ます。

    しかし一つ注意が必要なのは、都心の物件はそもそも地方の物件と比較すると、そのものの価格が高くなります。
    そのため、始めに物件を購入する際にかかる投資金額が非常に高額になってしまいます。

    いくら家賃収入が高かったとしても、初期投資に費用が多くかかってしまっては結果的に利回りは低くなってしまいます。
    そうすると投資した金額の回収に時間がかかってしまったり、初期段階で赤字になってしまったりする可能性もあります。
    人気のあるエリアの条件のよい物件はもちろん高い家賃収入を得られることが容易に想像できます。

    ですがいくら高い家賃収入を見込めるからと言って、それがいくらかという点だけではなく、
    利回りまで総合的に考えて物件を選んでいく必要があります。

    比較的高い家賃水準の都心のワンルームだからこそ、そこにばかり引っ張られずに広い視野を持って物件を見極められると、
    投資を成功に結びつけることが出来ます。

    空室率

    都心のワンルーム投資の魅力の2つ目として挙げられるのは、空室率の低さです。
    都心のワンルームは人気の駅であれば常に需要があり、入居希望の人が多く居ます。

    もしその物件が駅から近い場所にある場合や、周辺に病院やスーパーマーケット、
    コンビニなどの施設が充実している場合には更に人気は高くなります。いくら良い条件の物件を所有していたとしても、
    そこに入居者が集まらなければ収入を得ることはもちろん出来ません。

    その点で言うと、地方に比べると都心のワンルームは空室率がはるかに低くなりますので、安定した収入を得ることが出来ます。
    近年では核家族化が進み、結婚をしない単身者も非常に増えています。

    また、マイホームを持つことに魅力を感じる人も少なくなってきており、
    家を購入するよりも一生賃貸の物件に住み続けたいという人が非常に多くなっています。
    さらに民泊での利用も非常に活発になってきていて、政府の政策としてもより民泊を推進する動きが強まってきています。

    このような背景から考えても、都心のワンルームへの需要は今後も更に高まり、
    空室率も低いままで安定して推移していくことが予想されます。

    地方の物件では、少し古い物件であったりあまりきれいでない物件であったりする場合や、
    駅からのアクセスや利便性もあまり良くないところが多いので、入居の需要はどうしても低くなってしまいます。

    その一方で都心の物件であれば多少築年数の経っている物件であったとしても、アクセスが良かったり、
    周囲に施設が充実していたりさえすれば入居者を募りやすく、空室率を低くすることが出来ます。
    不動産投資においては、まずはその物件に入居してもらわなければなにも始まりませんので、
    空室率を低く保つことが出来ることは非常に大きな魅力となります。

    資産価値

    3つめの魅力として挙げられるのは、都心のワンルームの資産価値の高さです。
    不動産投資においては、運用している時のことだけではなく、その物件を売却することになった際のことまできちんと考えておく必要があります。

    都心のワンルームは地方の物件と比較すると物件自体の資産価値が下がりにくく、
    売却する際に高い金額で売ることが出来ると言うメリットがあります。

    都心の物件は、そもそもの人口が多く、企業や商業施設、学校なども非常に多く集中していますので、入居したいという人が常に多く存在します。
    借りたい人が多くいる場合には、家賃は下げなくても借り手がいることになりますので、家賃も下がりにくい状況になります。

    特に、駅からのアクセスがよかったり、会社や学校へのアクセスがよかったり、商業施設が近くにある、
    高速道路を利用しやすい、など生活をするのに非常に便利な環境であったり、
    交通面での利便性が高い場所にある物件は非常に価値が高いとされています。

    そのため、もし売却することになっても買い手が付きやすいですし、その際に付けられる価格も非常に高くなります。
    世の中の流れとして、今後も単身者や核家族が増えていくので、ワンルームの需要は高まっていくことが想定されますが、
    その一方でワンルームの新築は抑制されているという現状があります。

    それが原因となり、ワンルーム物件を購入したいと言う需要がとても高くなっています。
    こう言ったことから考えても、都心のワンルームは資産価値が非常に高くなりますので、
    自分で投資を行う際には収益を得やすいということはもちろんですが、
    もし売却することになったとしても高い金額で売却することが出来るというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

    都心のワンルームを購入して投資を行うことは、不動産投資の中でも非常にチャレンジしやすく、
    なおかつリスクも少ないとても魅力的な資産形成の方法です。

    初めに物件を購入する際には、地方の物件と比較すると高い資金が必要にはなりますが、
    それでもマンションやビルを一棟購入するよりははるかに安い金額で購入することができます。
    また、家賃の水準も高いですし、あまり変動することもなく安定した収入を得ることが期待できます。

    入居の需要も集まりやすいですので、不動産投資において最も避けたい空室が続いてしまう、
    と言う危険性も他の形態の物件や地方の物件に比べると非常に低くなります。

    万が一その物件を売ることになったとしても、買い手が付きやすく、
    良い値段で売却が出来るとても資産価値の高い物件である可能性が高いので、
    不動産投資を始めてみたい方には都心のワンルームをおすすめします。

不動産投資の一覧へ戻る

不動産投資おすすめコラム

おすすめのカテゴリ