投信・保険の販売登録を一本化 アプリで併売可能に

Pocket

日本経済新聞が「金融庁は業種ごとに分かれている金融仲介業の登録制度を一本化する。」と報じた。

アカウント一本で、預金や保険、投資信託などを扱えるようにするという。
目的は、規制を緩めることにより金融へのスタートアップ企業の参入障壁を緩め、業界ひいては日本経済全体の活性化を目指しているのだろうか。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1万円から始める投資。年利10%期待
1日500円以下でマンション経営
保険見直しで大幅な家計改善
━━━━━━━━━━━━━━PR━

金融庁は新たに横断的な金融サービス仲介制度をつくり、一つの登録で投信や保険、銀行預金など様々な金融サービスを扱えるようにする方針だ。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックによるスタートアップ企業の参入が念頭にある。早ければ2020年の通常国会に新しい法案の提出を目指す。と報じた。

いくつもの手続きや対応が必要な、保険や金融商品。
新制度では、入口の手続きを一つにして、社員が少ないスタートアップ企業の負担を減らすことになるのだろうか。

フィンテックが進み、金融サービスは境界線がなくなり始めた。金融庁は業態ごとに分かれた現行の法体系の抜本的な見直しを進めている。アイデアを持つ企業が参入しやすい環境を整え、より便利で安価な金融サービスの創出をめざす。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
1万円から始める投資。年利10%期待
1日500円以下でマンション経営
保険見直しで大幅な家計改善
━━━━━━━━━━━━━━PR━