ワンタップバイ、ペイペイ上でポイントを疑似運用

Pocket

スマートフォン専業証券のワンタップバイ(東京・港)は15日、PayPay(ペイペイ、東京・千代田)のスマホ決済アプリで得たポイントを使い、資産運用を疑似体験できるサービスを始めたと発表した。ワンタップバイが扱う上場投資信託(ETF)と連動してポイントが増減する。1円相当額から運用や引き出しができる。

ペイペイのアプリに「ボーナス運用」の機能を設けた。ポイント還元などでたまる「ペイペイボーナス」をワンタップバイのポイントに交換し、疑似的に投資できる。増減したポイントは引き出して加盟店での決済に使える。

取り扱うETFは米国株を対象としており、運用内容が異なる2つのコースを用意した。利用料は無料。ペイペイのユーザーが利用でき、口座開設などの手続きなどは不要。ペイペイはソフトバンクグループ傘下で、ワンタップバイには通信子会社のソフトバンクが出資している。

引用:日本経済新聞

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━