インドネシア5社目のユニコーン「OVO」

Pocket

インドネシアのモバイル決済サービスOVOのCEO Karaniya Dharmasaputra氏は8月1日、同国において最大のデジタル金融エコシステムのプラットフォームとなったと発言している。同社は2017年9月創業。現在までにクレジットスコア、マルチファイナンス、投資、P2Pレンディング、保険、といったサービスを提供している。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

インドネシア政府は2019年までにユニコーン企業5社を創出するという目標を掲げていた。OVOは2019年10月に企業評価額が10億米ドルを超え、配車サービスのGojek、旅行サービスのTraveloka、電子商取引大手のBukalapakとTokopediaに続くインドネシアで5番目のユニコーン企業となった。OVOがユニコーン企業となったことでこの目標は達成されており、また、同国における金融系企業としては初のユニコーンとなる。

引用:BRIDGE

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━