仮想通貨トレードスタート!<SoFi(ソーファイ)>ソフトバンクが出資している米フィンテック

Pocket

アメリアのフィンテック企業「SoFi(ソーファイ)」が仮想通貨トレードを開始することが報じられた。
SoFiは、仮想通貨取引所のコインベースとアライアンスを組み体制を整えた。

SoFiとはどんな企業?

SoFiは2011年にスタンフォード大学院の同級生4人によって設立された会社。
アメリカで最大級のオンライン融資仲介サービスを提供。学生ローンの統合・借り換えからスタートし、住宅ローンも手掛ける。
企業価値は44億ドル。ソフトバンクからは10億ドルが出資されている。

マーケットプレース・レンディングのリーダーであり、学生ローン借り換えでは全米最大で、ローン残高は40億ドルを超える。学生ローンの借り換え、住宅ローン、住宅ローンの借り換え、個人ローンを提供し、優秀なプロへの金融サービスを刷新している。従来の金融サービス業者とは異なり、長所と雇用歴を考慮に入れた独自の引き受け手法は、他ではないユニークな金融商品を提供している。個人投資家と機関投資家に対しては、魅力的なリターンを得ながら、地域社会にプラスの影響を生み出す手段を与えている。
(出典:https://kyodonewsprwire.jp/release/201510014223)

SoFiが考える仮想通貨トレード

SoFiが仮想通貨サービスの提供を開始するのは今年の第2四半期(4-6月期)。
CEOであるアンソニー・ナトーは、仮想通貨トレードについて、次のように述べている。

「私たちのターゲットとなる顧客は、仮想通貨の価格を見て、買いたいんだよ」

SoFiにおける仮想通貨トレードは、今月発表されたばかりのSoFi Investでできるようになるそうだ。

ビットコイン取引所人気ランキング

【第1位】DMM Bitcoin
安心の24時間365日LINEサポート
最大11,000円キャッシュバック

【第2位】GMOコイン
基本手数料無料・スプレッド最狭水準
口座開設でビットコインプレゼント中