ビットコインへの投資「推奨しない」 ゴールドマンサックスが顧客に示す根拠

Pocket

米大手投資銀行ゴールドマンサックス(以下GS)は27日、顧客を招いた電話会議を開催。GSアナリストが、現在の経済状況下で、ビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨(暗号資産)は、顧客のポートフォリオにとって成功が見込める投資手段ではないとの見解を示した。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【会社員必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

主な理由は、価格の変動が大きいこと、他の資産との相関性が不安定なこと、インフレのリスクヘッジに利用できる根拠が不十分である点で、「ボラティリティを好む投資家にとって有利な資産と見ることができるものの、顧客の投資ポートフォリオとしては、戦略的または戦術的にビットコインを推奨できない」とコメントした。

また、仮想通貨の中には有価証券に該当するものがある可能性についても言及。「有価証券は、価格が上昇するかどうかは主に、他の投資家がより高い価格で購入したいと思うかに依存している。そういった資産は、我々の顧客にとって適切な投資先であるとは考えていない」と述べた。

本イベントは、GSの投資戦略グループが主催したもので、富裕層の顧客向けにサービスを提供し、資産のポートフォリオ構築についてアドバイスを行なったものだ。イベントのホストを務めたのはGS首席投資責任者Sharmin Mossavar-Rahmani氏、米経済概況&現行政策がインフレ、ゴールド、ビットコインに与える影響として、マクロ経済および金融トレンドについて語った。

関連:GS、ビットコインや金をテーマとした電話会議を開催予定

Rahmaniは「価格変動が大きいことからヘッジファンドが仮想通貨投資を好む傾向があるが、ゴールドマンサックスでは、そのボラティリティは投資する理論的根拠にはならないと考えている」と説明している。

投資家のポートフォリオに追加するには、ビットコインのインフレヘッジとしての資産価値を裏付ける根拠は未だに乏しいとする見解とみられる。

ヘッジファンドについては今月、業界のベテランであるポール・チューダー・ジョーンズが個人のポートフォリオにBTCを加えていることや、運営する大手ヘッジファンド「チューダーBVIグローバルファンド」で、BTC先物の取引を検討している旨を発表している。

引用:COINPOST

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【会社員必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━