ビットコインは死亡した!?本当にそうなのか。

2019.1.7

Pocket

2018年、ビットコインは5度目にあたる大きなな弱気相場を経験し、多くの人が「ビットコインは死亡した」と発言していた。

大幅な価格下落により興味本位で購入したユーザーから投資素人などが多数減少したことで、賢明な投資家たちが多くのビットコインを購入し始めた。
そして、多くの通貨は技術向上により市場の基礎固めが築かれている。

2019年には以前の弱気相場の後と同様にビットコインの価格は再び上昇し、仮想通貨史上最高値が生まれることが見込まれている。

米大手格付け会社のWeiss RatingsのアナリストであるJuan M. Villaverde氏は、自社HPで2019年の仮想通貨業界の見通し報告書を公表し、今後の仮想通貨市場は強気であるとの見解を示した。

インターネット3.0が及ぼす市場規模とは

セキュリティ、持続性がより強化されたワールド・ワイド・ウェブを構築する「インターネット3.0」
いくつかの通貨では、この分野に挑むプロジェクトが多く存在している。成功するのか失敗するのかは分からないが、もし成功するとなると市場規模に大きなインパクトを与える可能性を秘めている。

本来の目的を達成すると莫大な富を得るXRP

ビットコインの目的は、デジタル決済のネットワークを構築すること。
現時点ではまだ達成されていないが、XRPはこの目的に対して挑戦している。このことは従来の経済機関や送金システムを一篇する可能性を秘めている。

リップルネットの目的は世界の銀行を結ぶグローバル決済ネットワークであるSWIFTを代替えすること。
これが本当に実現するとXRPが時価総額1位になる可能性が大である。

果たして、2019年、ビットコインを始めとする仮想通貨は一体どうなるのであろうか。

おすすめのQ&Aカテゴリ


おすすめのコラムカテゴリ