30代からはじめる資産形成・資産運用方法

資産形成

  • 2019.05.25

    2019.06.28

    Pocket

    不景気が続く中、将来の安定した生活を求めて貯蓄を行なっている人も多いと思います。人生のターニングポイントともなる30代では、仕事も安定するようになり、さらに出世して収入が増えているといったケースも多いはずです。しかし、収入が増える一方で、状況の変化が目まぐるしくなる場合も大いにあります。特に結婚で家族が増えると、その分の出費が増えていきます。貯蓄を行なっていくには子供が大きくなってから考えようと思う方も多いですが、環境の変化する30代に伴って新たな資産形成を行なっておくことが将来の安定に繋がっていくため、早い時期からしっかり考えていくことが重要です。30代からでも始めやすい資産形成と運用方法についてご紹介していきます。

    30代で資産形成・資産運用をすべき理由

    30代は仕事が安定する時期ですが、まだ若い年齢であるため、投資を始めていくには適している年齢と言えます。投資には知識を身に付けてから適切に運用できるようになるまで長い期間が必要なため、若い年齢から行なうのが理想とされています。資産形成を行なっていくには、時間的余裕や経済的な余裕も必要です。30代よりも下の年齢では、経済面でも不安ですが、仕事に就いて間もないため気持ちの面でも余裕がないことが多く見受けられます。スキル向上に勤しむため、将来の資産を考える余裕がないことがほとんどであるので、仕事が安定して少し先のことも考える余裕が出てきた段階で投資を始めることが良いでしょう。

    また、30代で資産形成を始めるメリットは、失敗してもやり直せるチャンスがあるということです。リスクの高い商品を選んで失敗すると、短期間で取り戻すことが難しくなり、定年後の高齢の場合では特に経済面でその負担が大きくなります。失敗分を短期間で取り戻すために、さらにリスクの高い投資を行なう可能性もあります。若い年齢から徐々に知識を身に付けておき、運用に慣れていることでそういった心配もなくなります。

    それに加え、若い年齢なら失敗しても長い時間をかけて失った分を取り戻していくことも可能となります。失敗しても時間的な余裕があるのが、30代から資産形成を始める大きなメリットの一つなのです。定年してからも大きな資金が必要になることも多く、若い年齢から将来への不安を少しでも減らしていくことが重要になってきます。長期の運用であれば、上手くできれば老後でも資産を増やしていくことが可能となり、老後の生活も豊かにすることができます。この時期に資産形成をするべき理由は、30代という年齢が将来を考えそれに向けて実行するのに適した年齢であるということなのです。

    30代で考慮しておくべき出費

    投資をする前には必ず目的と目標を持つことが大切です。何のための資金を用意するために投資を行うのか、それにはいくら必要なのかということを具体的に考えることによって計画的に投資を行っていくことが出来ます。では目標を立てるために30代で考えておくべき出費はどのようなものなのでしょうか?

    まず一つ目は住宅の購入資金や住宅ローンの支払いなどの出費です。この時期には結婚をする人が多く、家族が出来ることで住宅の購入する人が多いです。定年をした後にまでローンが残ってしまうと、支払うのが困難になってしまいますので頭金を出来るだけ多く用意しておいてローンの返済金額を少なくしておいた方が良いです。借り入れ期間が長ければ長いほど金利の負担も大きくなってしまうので、そういった意味でもローンを減らしておく方が良いです。

    次に子供にかかる費用です。まず出産すること自体にもかなりの費用が掛かってきます。自治体からの助成金もありますが、妊婦検診や出産費用、交通費やマタニティウェアなど細かい部分も合わせると大きな出費です。そして生まれた後は育児や教育にかかる資金が必要になります。子供を育てていくにあたっては非常に多くのお金がかかります。教育資金だけ考えても最も安くても一人当たり1000万円はかかると言われています。きちんと資金を用意しておかないと、子供に不自由な思いをさせてしまったりきちんとした教育を受けさせることが出来なくなってしまいますのでしっかりと準備しておかなければなりません。

    またこの時期は結婚ラッシュがやってくることが多いです。会社関係の人や学生時代の友人、親戚などが結婚していきそれが重なると非常に大きな出費となります。ご祝儀だけで考えても一般的には相場は3万円となっていますので、数が多くなるとふたんは増えてしまいます。ご祝儀だけでなく、洋服代や美容院代なども一見小さく見える出費であっても回数が多ければ無視できない出費となります。

    30代での投資で気をつけるべきポイント

    投資をするにあたっては注意するべきことというものがありますが、30代だからこそ気を付けるべきポイントとはどのようなものなのでしょうか?重要となるのは、資産を分類して余裕のある分で投資を行っていくということです。

    仕事も安定してきて収入も増えてくるのである程度資産も増えてくる時期ではありますが、それを全て投資に回してしまうというのは絶対にやってはいけません。収入も増えてきますが、その分支出も増えてきますし将来的にも様々な出費が控えています。老後のために資産を作ろうと躍起になっても、手元にお金が無くなってしまうようでは充実した生活は送ることが出来なくなってしまいますので元も子もありません。投資を行う際には生活をしていくのに必要となるお金などすぐに使用するお金、今すぐにではなくても使用する目的がはっきりとしているお金をきちんと分けておいて残った分の資産だけで投資を行っていくのが得策です。そうすることによって例え投資で損をしたとしても精神的な余裕が出来ますし、生活をしていくのには影響がありません。

    30代のうちから投資を始めれば定年までにある程度の期間は確保することが出来ますので、長期的な投資をすることを前提として無理のない範囲の資金で行っていくようにしましょう。

    投資先の選び方は?

    30代の方が投資をする際には、短期間の運用で利益を出していこうとするものよりも長期的な運用を目的としているものを選ぶと良いです。仕事が忙しくなり、家族との時間も作らなければいけないという環境の中で投資に時間を割くのはとても難しいです。短期的な運用で利益を出していくためには、マーケット情報や値動きを常にチェックしていなければいけません。この時期に投資を行えば定年まで約30年の時間がありますので、長期的に運用をしていっても十分に資産形成をしていくことが出来ます。

    少ない金額からスタートすることが出来るつみたてNISAや積立投信、確定拠出年金などを利用することをおすすめします。毎月一定の金額を投資していくので、自分の計画した通りに資金を作っていきやすいです。

    そして収入は増えていきそれに伴って資産も増えてはいきますが、その後に控える出費のことを考えるとあまりリスクの高い方法には手を出さない方が良いです。20代の頃のように自分で自由に使えるお金が多く、将来のことをそこまで意識しなくてよい時期であればリスクの高いものにチャレンジするのもあまり問題はありません。しかし今後のことを考えると無理はしない方が良いです。収入だけを見るのではなく、今と将来の支出についてもきちんと考えて自分が投資に回すことが出来る金額で運用可能な投資先を選ぶようにしましょう。

    30代がはじめやすい6つの資産形成・資産運用方法

    今まで投資に触れたことのない方が30代で突然始めるのは不安があります。知識を学んでも、実際経験を積まなければ資産を上手く増やすことは難しくなります。そんな初心者でもはじめやすい資産形成と運用方法が実は存在しています。おすすめの投資方法1つ目は、全自動で投資ができる方法です。AIを活用し世界水準の資産運用が自動でできる投資サービスで、将来的にも期待が高い運用方法となっています。少額から投資と積立ができるので初心者でも始めやすいことも大きな特徴です。

    2つ目のおすすめ投資方法は100円から投資と積立ができる方法です。低コストでも金融庁が選んだ信頼の厚い商品なので初心者でも安心して運用できることも大きなメリットとなります。少額の投資は長期運用に向いており、少しずつコツコツと資産を増やしていきたい人におすすめの投資方法です。

    3つ目のおすすめの投資は利回りが高いものです。企業に投資する資金をネット上で集めることで高い金利の商品に投資することが可能となります。利回りの高いものに投資することはリスクも高くなりますが、投資先によっては短期間で大幅に資産を増やせる可能性があるのが魅力と言えるでしょう。実績が安定して信頼のあるサービスを選ぶのもポイントです。

    4つ目におすすめするのが資産運用で節税ができるものです。60歳から受け取ることのできる私的年金のようなシステムで、60歳までに積み立てた金額は全額所得控除されるのが大きな特徴です。

    5つ目のおすすめは仮想通貨による資産運用です。少額から投資できるものの中で、将来性があり高いリターンが期待できるのが特徴です。

    6つ目の方法は保険を活用することです。万が一の時のために保障を受けられるのが保険ですが、金利の高い外貨で積み立てすると円で積立を行なうよりも高いリターンを得られることができるのです。

    30代で資産運用を成功させるためのポイント

    資産運用を成功させるには、資産形成と投資の意味をしっかり理解しておくことが重要です。投資は手段の一つであり、資産形成のやり方は投資だけに限らず、様々な方法があります。資産を形成し、その資産を投資することで資産運用となります。資産形成は投資することが目的ではなく、将来必要になる時期に必要な分のお金を用意する準備を整えることにあります。資産運用を成功させるためには、この目的と手段を混合させないことがポイントとなってきます。

    投資という手段が向いていない人が無理やり投資に手を出せば失敗してしまう可能性は非常に高くなります。資産形成の方法は自分に合ったものを選択していくことが重要なのです。投資をしなくても資産形成が十分にできるのであれば、無理に投資を行なう必要性はありません。

    投資を行わなくても、預金を行なって利子で資産を増やすことも十分可能な場合はその方法を選択した方が良いでしょう。それでも投資を行ない資産を増やしたい場合は、必要な時のために十分な資産を増やすという明確な目的を持ち、少しずつ経験を積むことも運用を成功させるポイントとなります。目的は子供のために資産を持ち合わせることなのか、働けなくなった老後のためなのか、目的をはっきりさせてから投資を行なっていきましょう。

    目的によっては異なった方法の方が資産を効率良く増やすことができるようになるため、目的に合わせた方法を選ぶことも資産運用を成功させる鍵となります。また、経験を積むには少額から投資を行なうことができる投資方法を選び、短期間でリターンを得られるものから徐々にノウハウを学んで知識を得ることで蓄積されていきます。明確な計画を立て、それに向けて適切な方法で投資を行なっていくことで資産形成の成功に繋がっていくのです。

    まとめ

    30代という将来を考え始めることができる年齢になった時こそ、資産形成についてしっかり学んでいくことが重要です。投資だけが資産を増やしていく方法ではなく、目的に合わせたそれぞれの方法で計画を立てて実行していくことが資産運用で大事なこととなるのです。30代で始めていくメリットは、定年までに長い期間があることも挙げられます。資産運用に失敗しても、その分を取り戻していく期間があることで、経験も積んでいくことが可能なのです。そういった経験を活かし、自分の仕事、生活、資産状況をしっかり把握して、自身に見合った方法で資産運用を行なっていくことが成功への道に繋がっていくのです。

資産形成の一覧へ戻る

資産形成おすすめコラム

よく読まれている資産形成コラム