用語集

資産運用の専門用語を解説します!

裁定取引

Pocket

裁定取引とは、大口の機関投資家がリスクを抑えて稼ぎを出す為に利用している手法の1つであり、アービトラージとも呼ばれています。同価値を持つ商品に価格差が生じた際、割安な株を買って割高な株を売り、価格差が少なくなったところで逆の売買を行って利益を得るという取引手法を意味します。具体的には現物価格と先物価格においての取引が挙げられますが、割高な先物を売却し且つ現物を購入することを「裁定買い」と言い、割安な先物を購入し且つ現物を売却することを「裁定売り」と呼びます。株式以外にも、為替や金利といった市場でも裁定取引は行われています。