用語集

資産運用の専門用語を解説します!

ロング・ショート

Pocket

ロングとは「買い」、ショートは「売り」を意味する言葉ですが、株の売買だけを意味しているわけではありません。投資においては、安い株を買う一方で高い株を信用取引や担保を元に取引を行なう投資手法の際にこの言葉を使用します。相場の状況に大きく左右されずにコツコツとリターンを積み上げていく手法で、ヘッジファンドの代表的な運用手法の1つとなります。相場の影響が少ないですが、大きなリスクもあり買いと売りの両方で損をする場合もあります。