アントの上海・香港上場延期、中国当局がジャック・マー氏を指導

Pocket

中国のフィンテック企業アント・グループによる上海と香港での上場が延期された。アリババグループ傘下のアントは350億ドル(約3兆6600億円)規模の新規株式公開(IPO)計画を進めていた。

上海証券取引所は3日の声明で、アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が関係当局による「規制監督を巡る面談」に呼び出されたことを挙げ、アントの新規上場を一時停止すると発表した。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【2020年冬】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

声明はまた、規制を巡る環境に「大きな変化」があったとし、「こうした重大な問題により、アントは上場や情報開示に関する要件をもはや満たさなくなる可能性がある」と説明している。

上海証取の発表後間もなく、アントは当局への届け出で香港上場も一時停止されることを明らかにした。上海、香港両市場での上場はいずれも5日を予定していた。両市場でのIPOは実現すれば史上最大規模となるはずだった。

アントは投資家宛てのメッセージで謝罪を表明。上海、香港両証取の「規則に従い、今後の手続きを適切に処理していく」とコメントした。

ニュースサイトのQQドットコムは匿名の関係者1人を引用し、アントのIPOは半年程度ずれ込む見込みで、同社は応募した投資家に資金を返還する方針だと伝えた。

引用:Bloomberg

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【2020年冬】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━