つみたてNISAを始めるなら「変革前」に 今年開始なら最大840万円が非課税に

Pocket

老後資金のために、貯蓄したり、節約をしたり、あるいは「iDeCo(個人型確定拠出年金)」などを駆使したりと、様々な対策をしている人も多い。そして「iDeCo」と並んで老後資金づくりに有効なのが「NISA(少額投資非課税制度)」だ。現在は年間120万円まで5年間非課税で運用できる「一般NISA」と、年間40万円まで20年間非課税で運用できる「つみたてNISA」などがある。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2022年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

2024年にはこの仕組みが大きく変わり、2つを合体させたような「新NISA」がスタートする。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが話す。

「『新NISA』は、つみたてNISAの対象商品を年間20万円まで運用できる“1階部分”と、一部の商品を除き、一般NISAのように本格的に運用できる“2階部分”を組み合わせたような仕組みになります。“2階部分”は年間102万円まで、個別株などの商品を5年間非課税で運用できます」(風呂内さん・以下同)

自分の投資経験に応じて、1階部分だけ利用してもいいし、慣れてきたら2階部分に挑戦して、本格的な資産運用に乗り出してもいいだろう。

新NISAが開始する前に、ぜひ2022年のうちに、運用を始めてほしい。というのも、これまで、つみたてNISAで新規に投資できるのは2037 年までだったが、制度改正によって5年間延長されて2042 年まで新規投資が可能になったのだ。つまり、2022 年のうちに始めておけば、2042 年までの21年間運用できるということ。

「年間40万円ずつ21年間運用できるので、合計で最大840万円分、非課税で運用できます。新規の投資は2042年までですが、投資した分はその後20年間非課税で置いておくことができます。例えば、2042年に投資した分は、2061年まで非課税で運用が続けられます」

NISAには、18才未満に向けた「ジュニアNISA」もあり、こちらは2023年で廃止の見込み。だが、廃止まで残り1年でも、2022年のうちに始めるメリットはある。

「2024年から新規加入はできなくなりますが、加入から5年間非課税で運用できる仕組みは変わりません。つまり、廃止直前の2022~2023年に投資したとしても、2026~2027年までは非課税で運用できるのです」

ジュニアNISAは、年間80万円まで非課税で運用できる一方で、18才までは引き出せない仕組みになっている。

だが2023年をもってこのルールも“廃止”。これまでのように「運用が終わっても、子供が18才未満なので引き出せない」とはならず、2024 年以降は子供が何才でも、お金を引き出せるようになる。

奇しくも、2022年4月からは高校の家庭科の授業で「金融教育」が始まる予定だ。18才未満の子供や孫がいるなら、2022年は家族そろって“投資元年”にしてみては?

引用:女性セブン

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2022年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

あわせて読みたい資産形成ニュース

    関連アイテムはまだありません。