「目利きの個人」が選んだ2020年のベスト投信は?

Pocket

年に1度、個人投資家自らが優れた投資信託を選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー2020」が16日に発表された。インデックス(指数連動)型投信「eMAXIS Slim全世界株式(オ-ル・カントリー)」が2年連続で1位に選ばれるなど、低コストで世界の株式に幅広く投資するインデックス型投信が人気を集めた。前回は上位10投信のうち米国株投信が3つを占めたが、今回はインデックス型米国株投信は9位の1本だけ。20年は米国株の上昇力に注目が集まったものの「特定の国の株価上昇が永続するとは限らず、世界に幅広く投資する方が安心」という声が聞かれた。

引用:日本経済新聞

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【必見】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━