スウェーデンの後払いフィンテックKlarnaの企業価値が3.3兆円に

Pocket

スウェーデンの後払い決済に特化したフィンテック企業「クラーナ(Klarna)」が新たに10億ドルの資金を調達し、企業価値が310億ドル(約3.3兆円)に到達した。ストックホルム本拠の同社は、欧州で最も評価が高いフィンテック企業として知られ、昨年9月に6億5000万ドルを調達した際の評価額は110億ドルだったが、それから6カ月で評価額を約3倍に伸ばした。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特別】2021年春「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

クラーナは百貨店のメイシーズの衣類から、オンラインマーケットプレイスのEtsyの小物まで、あらゆるアイテムを分割払いで購入可能にし、クレジットカードを置き換える決済サービスとして人気を博している。Eコマースが急成長を遂げる中で、同社のような後払いサービスのフィンテック企業の評価額は驚くべき水準に達している。

クラーナの株式の約8%を保有する、共同設立者兼CEOのセバスチャン・シェミャートコフスキ(Sebastian Siemiatkowski)の保有資産をフォーブスは約22億ドルと試算している。

2012年に退社したもう一人の共同創業者のビクター・ヤコブソンは、約10%を保有しており、推定保有資産は27億ドルとされる。さらに、3人目の共同創業者のニクラス・アダルバースは、自身の慈善団体やスタートアップ企業への投資のために持ち株を売却した後、0.4%を保有しており、その価値は約1億ドルとなっている(フォーブスは未上場企業の株式の価値の算定に10%のディスカウントを適用している)。

2005年に設立のクラーナは、フィンテック分野で急成長を遂げる「バイナウ・ペイレーター(BNPL、後払い)」モデルのパイオニアとして知られている。同社は2020年に世界で総額530億ドルのトランザクションを処理し、売上は前年度比37%増の12億ドルに達していた。

クラーナは17カ国で利用可能だが、黒字化を果たしておらず昨年は1億6300万ドルの損失を計上した。競合のオーストラリアのAfterpayの昨年の決済額は110億ドルだった。サンフランシスコ本拠のアファーム(Affirm)は昨年、約60億ドルを処理していた。

クラーナは米国で約400万人の月間アクティブユーザーを抱えている。同社は米国のトップ 100 の小売業者のうち 20 社と提携しており、通販大手QVCのライブコマースを支援しようとしている。

引用:Forbes JAPAN

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特別】2021年春「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━