ソフトバンク、メキシコのフィンテック企業に1億2,500万ドルを投資

Pocket

メキシコとコロンビアでフィンテック事業を展開するアルファ・クレジット(AlphaCredit)は1月26日、ソフトバンク・グループから1億2,500万ドルの投資を受けたことを発表した。アルファ・クレジットは2010年にメキシコ市において、アウグスト・アルバレス氏とホセ・ルイス・オロスコ氏によって設立された。同社ウェブサイトによると、現在メキシコで210のサービス拠点に従業員約2,000人、コロンビアで25のサービス拠点に従業員約950人を擁する。また2018年末までに、商業銀行が融資対象としないような個人や中小零細企業向けに貸し付けを行い、同時点で総額10億ドル相当の融資やリースを延べ50万人に提供した。同社は自社で開発したフィンテック・プラットフォームのボントゥ(Bontu)に加え、AXSやアルカンサ・カピタル(Alcanza Capital)といった、いずれもメキシコ資本のプラットフォーム開発企業と協業している。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

アルファ・クレジットの融資は、個人、中小零細企業ともにそれぞれ借用者のステータスにより3種類に分けられる。個人向けの場合、1つ目はメキシコもしくはコロンビアの現役公務員、2つ目は年金受給者と定年退職者、3つ目は個人事業主のうち融資を全額同社の電子クレジット(注)で受けたい者だ。他方、中小零細企業向けの場合、1つ目は売掛債権を買い取るファクタリング、2つ目はアルファ・クレジットが所有者となる動産リース、3つ目はボントゥのシステムを介して実行されるプロジェクトファイナンス向けの同社の電子クレジットローンとなっている。債権回収面に関しては、ソフトバンク・グローバル・インターナショナルのパウロ・ロッシーニ投資マネージングパートナーによると、アルファ・クレジットは自社の独自アルゴリズムを導入したシステムを有しており、特に零細企業に対して多い、債券回収不履行率を年々低下させているとのことだ。

メキシコにおけるソフトバンク・グループの投資は、2019年5月のクリップ(Clip)に始まり、10月のカバック(Kavak)(2019年10月28日記事参照)、12月のコンフィオ(Konfío)(2019年12月6日記事参照)に次いで4件目となった。これまでの投資額はコンフィオの1億ドルが最大だったが、今回のアルファ・クレジットはそれを上回った。

(注)アルファ・クレジットが通貨で実行した融資に対する返済は、通貨ではなく、ボントゥのシステムを介した電子クレジットとして管理される。負債者は、毎月の収入に応じて返済するクレジットの割合を任意に変更できる柔軟性を持つ。

引用:JETRO

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━