クラウド経営支援、東京東信金が開始 ココペリと提携

Pocket

東京東信用金庫(東京都墨田区)はフィンテックベンチャーのココペリ(同千代田区)と提携し、クラウド型経営支援サービス「ビッグアドバンス」を始めた。月3300円(消費税込み)で全国各地の企業との商談、スマートフォンに対応したホームページの作成支援、従業員向けの福利厚生などのサービスが利用できる。

ビッグアドバンスは全国約40の地域金融機関が採用。各地域金融機関と取引がある約2万7000社が会員登録している。

東京東信金の中田清史理事長は「新型コロナの影響で、経済状況が停滞している。(このサービスを通じて)課題解決に向け支援したい」と話している。ココペリの近藤繁最高経営責任者(CEO)も「中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)ツールとして活用してほしい」としている。

引用:SankeiBiz

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【2020年冬】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━