ジャック・マー、巨大IPOを前に国際金融規制を批判

Pocket

ジャック・マー(Jack Ma)氏は、国際的な金融規制の背後にいる政策立案者を批判し、既存のフレームワークはスマートフォンアプリやその他のテクノロジーを活用する21世紀の世界では時代遅れのルールブックだと述べた。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【重要】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

タイムズによると、アリババ(Alibaba)の創業者で億万長者のマー氏は、上海で開催されたカンファレンスでこのように述べたという。報道によると、彼は、世界中の金融機関を監督するための銀行規制に言及し、「バーゼル合意は老人クラブのようなものだ。未来を規制するために昨日の方法を使うことはできない」と述べたという。

フィナンシャル・タイムズによると、同氏は、このルールは中国の開発やイノベーションには適しておらず、発展途上国や若い消費者に与えられるべき機会を排除していると述べたという。

アント・グループにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

ジャック・マー氏は中国の持ち株会社アリババの創業者であり、同社が運営するオンラインマーケットは中国の小売業界を支配し、「中国のアマゾン」と呼ばれることもある。アント・グループはアリババ・グループのフィンテック企業で、アメリカにおけるペイパル(PayPal)のように中国人の間で広く使われている決済処理サービス、アリペイ(Alipay)の親会社としても知られている。

アント・グループは、世界で最も価値のあるフィンテック企業と言われ、その評価額は2000億ドル以上とされている。同社は香港と上海での同時上場を準備中で、ブルームバーグの報道によると、上海市場での価格は1株当たり68.8元(約1080円)、香港は80香港ドル(約1080円)に決まった。

引用:BUSINESS INSIDER

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【重要】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━