中国テクノロジー株が香港で急落、規制懸念で-アジア株も3日続落

Pocket

(ブルームバーグ): 中国のテクノロジー株は22日の香港市場で3営業日続落。中国のハイテクセクターに対する規制を巡り新たな懸念が広がった。

ハンセンテック指数は1.9%安で引け、終値ベースで2020年に導入された同指数の最安値を更新した。

アリババグループの株価は3.1%下落。一時は5.3%安まで売られた。中国当局が同社傘下のフィンテック企業アント・グループへの財務エクスポージャーや同社とのつながりをあらためて調べるよう銀行などに命じたとブルームバーグ・ニュースが報じたことが嫌気された。

中国、アントへのエクスポージャー報告を銀行に指示-関係者

香港株の指標ハンセン指数は2.7%安で終了した。

アジア株の動向を示すMSCIアジア太平洋指数も3営業日続落。一時2.1%安となった。中国の規制懸念に加え、ウクライナ情勢の緊迫化が重しとなった。

原題:Chinese Tech Stocks Drop to New Crackdown Lows, Led by Alibaba、Ukraine, China Tech Woes Combine In More Pain for Asia Stocks(抜粋)

引用:Bloomberg

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2022年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

あわせて読みたい資産形成ニュース

    関連アイテムはまだありません。