LINEがNFTの海外事業を計画──米国、韓国に新会社「LINE NEXT」設立

Pocket

LINEが、世界的な需要の拡大を続けるNFTの海外事業に乗り出す。

LINEは12月16日、NFTのグローバル事業の開発を進めるため、アメリカと韓国にそれぞれ新会社を設立したと発表。韓国で立ち上げたLINE NEXT Corporationは、NFTのグローバルプラットフォームの事業戦略を練り、アメリカのLINE NEXT Inc.が同プラットフォームの運営を行っていく。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

NFT(ノン・ファンジブル・トークン=非代替性トークン):ブロックチェーン上で発行される代替不可能なデジタルトークンで、アートやイラスト、写真、アニメ、ゲーム、動画などのコンテンツの固有性を証明することができる。NFTを利用した事業は世界的に拡大している。

国内で約8900万人が利用するメッセージアプリ「LINE」を基盤に、LINEはこれまでにEコマースや株取引、決済、マンガ・音楽配信などのサービスを追加し、「LINE」のスーパーアプリ化を進めてきた。また、同社は独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」と、ウォレットの「LINE BITMAX Wallet」を開発し、ブロックチェーンを基盤技術とする暗号資産(仮想通貨)取引サービスと、NFT事業の拡大を図っている。

LINE NEXTは、海外の企業やクリエイターが簡単にNFTマーケットやサービスを開発し、ユーザーがNFTを取引できるエコシステムを築いていく。LINE NEXTの最高経営責任者(CEO)には、LINEでフィンテック部門とアプリ開発を主導してきた高 永受(コ ヨンス)氏が務める。

引用:coindesk

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

あわせて読みたい資産形成ニュース

    関連アイテムはまだありません。