英フィンテックのレボリュート、ソフトバンクGなどから資金調達

Pocket

[ロンドン 15日 ロイター] – ロンドンを拠点とするフィンテックスタートアップのレボリュートは、ソフトバンクグループの「ビジョン・ファンド」などから総額約8億ドルを調達した。資金調達ラウンドにはタイガー・グローバル・マネジメントも参加した。企業評価額は330億ドル前後となった。

レボリュートの評価額は英国のフィンテック企業でトップとなり、銀行大手ナットウエストの時価総額をわずかながら上回った。

レボリュートは2015年、クレディ・スイスの元トレーダーのニコライ・ストロンスキー氏とソフトウエア開発者ヴラッド・ヤッツェンコ氏が創業。利用者は1600万人を超えている。近年は海外展開も加速しており、米国やオーストラリア、日本などに参入している。

引用:REUTERS

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━