国際送金のフィンテックWiseが上場、創業者2人がビリオネアに

Pocket

国際送金のフィンテック企業「Wise(ワイズ)」が7月7日、ロンドン証券取引所にダイレクトリスティングで上場し、2人の創業者らが、欧州で最も新しいテクノロジー系のビリオネアとなった。

Wiseの株式の約18.8%を保有するCEOのクリスト・カーマンの保有資産は20億ドル(約2200億円)に達した。また、共同創業者兼会長で10.9%の株式を持つタヴェット・ヒンリクスの保有資産も約11億ドルに達している。

2011年に設立され、以前はTransferwiseとして知られた同社は、現在56種類の通貨に対応し、低コストの海外送金を可能にしている。創業当時にロンドンで働いていたケルマンとヒンリクスは、母国のエストニアへの送金手数料の高さに辟易し、同社を立ち上げた。

現在、Wiseは毎月60億ドル相当の海外送金を処理し、1000万人の顧客の送金手数料を年間約15億ドルも削減しているという。例えば1000ポンドを米国に送金する場合、ウェスタンユニオン銀行よりもWiseを利用したほうが、手数料が18ドル安くなるという。

時価総額が110億ドルに達したWiseは、ロンドン証券取引所に上場するテクノロジー企業の中で、最大の時価総額を誇っている。同社の売上は、2019年3月までの1年間で1億7790万ポンドだったが、2021年3月までの1年間では4億2100万ポンドと、わずか2年間で136%の増収を達成している。2020年7月の資金調達で、Wiseの評価額は50億ドルに達していた。

引用:Forbes JAPAN

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━