フィンテックだけじゃない。エドテックからリーテックまで、注目の「テック株」はこれだ

Pocket

注目が集まる「◎◎テック」とは?
近年、株式市場に新風をもたらす業種・銘柄として注目が集まっているのが、いわゆる「テック株」です。フィンテックを筆頭に、最近ではさまざまな「◎◎テック」が聞かれるようになりました。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

■金融+テクノロジー=フィンテック

既存事業にテクノロジーを融合させることで革新をもたらす「◎◎テック」の代表がフィンテックです。

フィンテック(FinTech)とは「金融(Finance)」と「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた言葉で、ICT(情報通信技術)を使った革新的な金融サービスのことをいいます。2015年前後からメディアなどでも紹介されるようになり、関連銘柄が注目を浴びました。

例えば、スマホによる電子決済サービスを提供するウェルネット<2428>もフィンテック銘柄として株価を伸ばしました(株価チャート参照)。2013年1月に400円弱だった株価が2016年には2,000円台を突破するなど、3年で5倍以上の伸びです(現在はまた大きく下げていますが)。

■さらに広がるテック企業

最近は、ICT技術が私たちにとってより身近な部分にも応用されるようになり、フィンテック以外の◎◎テックと、それを提供するテック企業も数多く登場しています。

例えば、教育分野にテクノロジーを活用する「エドテック(EdTech)」や、農業にテクノロジーを応用した「アグリテック(AgriTech)」、法律分野にテクノロジーを生かす「リーガルテック(LegalTech)」、さらに不動産取引にもテクノロジーが活用され始めています。

教育分野に貢献する「EdTech」とは
電子教科書やオンライン授業など教育のデジタル化が進んでいますが、そうした技術を支えているのがエドテック(EdTech)です。文部科学省がデジタル教科書の併用を進めていることから、国策に関連した銘柄としても注目されています。

●チエル<3933>

ジャスダックに上場しているチエル<3933>は、日本の小中高校そして大学向けに、学習用クラウドソフトやデジタル教材、タブレット端末を供給するエドテック企業です。学校はクラウドによって出欠管理を自動化できるほか、授業では端末を通じて教員の教科書を児童・生徒に共有することもできます。

同社の株価は2019年には400~500円台を推移していましたが、コロナ禍でオンライン授業を取り入れる学校が増えたことから好業績となり、2020年6月には2,485円の上場来高値をつけました

現在は1,500円台を推移していますが、文科省の方針次第によっては再度大きく伸びることもあるかもしれません。

引用:Newsweek

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【特集】2021年「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━