フィスコ、独自暗号資産FSCCの利用範囲拡大へ

Pocket

フィスコが、フィスココイン(FSCC)の利用範囲の拡大を目指し、バーチャル株主総会や独自コインのステーキングアプリなどの新サービスに乗り出す。

株式会社フィスコは7月末のリリースで、スマートコントラクトを利用したバーチャル株主総会のアプリ、株主優待アプリ、フィスココイン(FSCC)のステーキングアプリの開発に着手したことを発表した。

関連サービスは、20年10月までの開発完了を予定、11月から順次リリースするスケジュールで、日本での新たな事業展開を行うとしている。

今回のサービス拡大に伴い、フィスコはDAppsを所有する目的の専用子会社FDAP(仮称)を新設、IT開発企業クシム、CAICAの子会社でフィンテック事業を行うCAICAテクノロジーズをパートナーに、開発を行う。

引用:COINPOST

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【年収400万円以上の方必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━