【再開】コインチェック電気料金をビットコイン支払いサービス(2月20日より)

Pocket

まだまだ記憶に鮮明なコインチェック(Coincheck)の不正アクセスによる580億円の仮想通貨が盗まれ、サービス利用者の出金停止となった事件。
当時、サービス展開していた「コインチェックでんき」をご存知だろうか。

コインチェックで電気代を支払うとビットコインが付与される

コインチェックでんきとは、2016年11月より提供を開始し電力会社との契約を株式会社イーネットワークシステムズと行うことにより、毎月の利用料金の1~7%をビットコインで付与するというものであり、ビットコインにより電気代を支払うことも可能なもの。
「ビットコイン決済プラン」と「ビットコイン付与プラン」の2プランが展開していた。

不正アクセス事件の際、「ビットコイン決済プラン」は利用停止、「ビットコイン付与プラン」はBitcoinの代替として現金による還元という措置を通達していた。

コインチェックでんき 再開発表。電気料金をビットコイン決済可能に

今回のサービス再開は、コインチェックが1月11日に仮想通貨交換業者として金融庁から認定を受けたことによるものだという。
2月20日から「ビットコイン決済プラン」のサービスを再開し、新規登録および他プランからの切り替えが可能となる。

尚、「ビットコイン付与プラン」におけるビットコイン付与の再開については5月を予定としている。

イーネットワークシステムズの事業展開

丸紅新電力と提携しているイーネットワークシステムズの事業展開は、電気に加え、ガス、通信、宅配水、修理サービス、・・・等、
次々とサービスを追加していくことでプラットフォームの拡大を目指しています。当社のプラットフォームをご活用いただき、大切なお客様へ様々なサービスが提供可能です。電力自由化の目的の一つでもある低廉で多様な電気サービスを消費者に提供するとともに、事業者に対しては電気を活用したビジネスチャンスの提供であると当社は考えます。と公式サイトで紹介されている。

コインチェックでんきの新規申し込み方法は

新規申し込みは、コインチェックでんきの公式サイトから可能となる。申込みから3週間〜1ヶ月半の経過後、最初の検針日から供給が開始。
尚、申込みの際に本人確認を含めたコインチェックアカウントが必要となるで注意が必要だ。

仮想通貨業界が少しずつ復活をしてきている印象を感じる。
何かをトリガーにして、また一時期の盛り上がりを取り戻すのだろうか。

ビットコイン取引所人気ランキング

【第1位】DMM Bitcoin
安心の24時間365日LINEサポート
最大11,000円キャッシュバック

【第2位】GMOコイン
基本手数料無料・スプレッド最狭水準
口座開設でビットコインプレゼント中