ツクルバ・LayerX・FAMがリノベ住宅ファンドの運用で協業

Pocket

データと技術を活用しファンドの利回り向上と運用の自動化を目指す

中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を提供するツクルバは3月13日、LayerXおよびフィンテックアセットマネジメント(FAM)との協業を発表した。カウカモが持つデータを活用し、リノベーションファンドの利回り向上と、ファンド運用の自動化などを目指す。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

今回の協業ではまず、ツクルバがFAM組成の不動産ファンド「Re-Innovation Fund 1号」へ出資。カウカモがこれまで蓄積した中古・リノベーション物件の購入を検討するユーザーのオンライン・オフラインのデータを活用し、物件取得からリノベーションのプロデュース、物件売却までをサポートすることで、最適な物件を市場により多く供給できる仕組みの実現を目指す。ここに、ファンド運用の自動化に向けた共同研究のため、LayerXが参加予定だという。

協業では、カウカモのデータを活用し、ファンドは物件を取得する。取得した物件は、同じくカウカモのデータを活用してリノベーション企画を行い、ユーザーの求める最適な内装に仕上げられる。リノベーションされた物件はカウカモ上でも販売されるという。LayerXは技術を活用したファンド運用の自動化から、コスト削減・効率化による利回り向上の可能性を検討するとのこと。

引用:仮想通貨Watch

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━