コロナショックでネット証券口座急増 今が投資を始めるべきタイミング?

Pocket

コロナショックで株価が大幅に下落したことをきっかけに、ネット証券口座の新規開設が急増しています。株価下落をチャンスと考えた人や、不安心理から資産形成について考えた人が増えたことが原因と思われます。このタイミングで投資をスタートするべきなのでしょうか。

ネット証券大手の楽天証券は3月の新規口座開設が16万を超え、過去最多となりました。また長期的な資産形成支援の制度である「つみたてNISA」の3月末時点の口座数も前年同期比で2倍になるなど、新規の口座開設が急増しています。新規口座開設の増加は2月から始まっており、ちょうどコロナショックによる株価下落と同じタイミングになっています。歴史を振り返っても、株価が大幅に下落した後は、急上昇するケースが多く、コロナショックのような出来事がチャンスになるという面があるのは事実です。また、今回のコロナショックがなくても、老後2000万円問題など、長期的な資産形成への関心が高まっている状況でした。株価下落が投資を始めるきっかけになった可能性は高いでしょう。

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━

長期投資であれば、どのタイミングでスタートしてもそれほど大きな違いにはなりませんが、短期的な利益を狙って口座を開設した人は、少し慎重になった方がよいと思われます。その理由は、当分の間、世界経済の見通しが不透明な状況が続く可能性が高いからです。

リーマンショックのような事態が発生した場合、危機がある程度まで終息すれば、経済活動はほぼ100%元の状態に戻ります。しかし、感染症の場合には、いつ危機が終息するのか事前に予想するのは極めて困難です。

スペイン風邪の時は…
戦前にもスペイン風邪という感染症が発生し、この後、第一次世界大戦をきっかけとしたバブル相場が崩壊するという出来事がありました。スペイン風邪は結局、完全終息まで3年を要しており、簡単に相場が回復したわけではありません。コロナショックをきっかけに原油が大幅安になっていますが、これも長期的な需要の減少を市場が予想した結果といってよいでしょう。

大きな下落の後には、リバウンドと呼ばれる短期的な株価上昇がよく見られますが、その後、再度下落して底値を探る展開になる可能性も否定できません。投資期間が短くなればなるほど、株価の動きはランダムに近くなりますから、偶然に左右される確率が高まります。短期的な投資の場合には、あくまでも余裕資金の範囲内で、少額の資金を投じるのが原則です。

引用:Yahoo!ニュース

━PR━━━━━━━━━━━━━━
【サラリーマン必見】「資産形成おすすめ」ランキング
━━━━━━━━━━━━━━PR━