LINEが銀行参入 みずほと提携し「LINE BANK」20年開業めざす

Pocket

LINEは11月27日、銀行業への参入を発表しました。みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)と提携し、2019年上半期に準備会社を設立。「LINE BANK」の2020年開業を目指します。

ターゲットは「デジタルネイティブ世代」
新銀行は、LINE傘下のLINE Financialとみずほ銀行の共同出資によるもの。出資比率はLINE Financialが51%、みずほ銀行が49%となります。

LINEの出澤社長は『今の銀行は20年30年前に考えられた設計で、それをなんとかインターネットに対応させている状況』と語り、開業する新銀行では『5年後に必要とされるサービス”から逆算した、スマホ世代のニーズに適した金融サービス』を提供するとのこと。

またみずほFG側は『旧来型の銀行が苦手としている若い世代、デジタルネイティブとの接点を持つこと。これがみずほとしては第一の目的』とコメント。また『LINEさんが積極的に金融領域のビジネスを展開する中で、決済、そして決済についてくる与信というものが発生します。みずほとしてはこの部分をサポートしていきたい』とも語りました。

新銀行の詳細については、今後準備会社にて検討を行い、決定次第改めて公表するとしています。

引用:TechCrunch Japan