Askpartners

iDeCo

iDeCoに関する質問

Q
  • 預貯金と株をやっていますがiDeCoにするメリットはありますでしょうか?
  • Pocket

    子供の教育資金やマイホームの購入に向けて、預貯金と株をやっています。ただ株は副業として利益を多く出そうとすると税金が多くかかるのが悩みです。かと言って預貯金も金利がほぼないに等しく、いまある資産をただ眠らせておくだけではもったいないと感じています。
    その点iDeCoは掛け金や運用中に出た利益に対して税金の優遇措置があると聞きました。このまま預貯金と株でやっていくよりも、iDeCoをはじめた方がお得なのでしょうか?

  • wooo1999
  • 535
回答2件
  • 経験者:11221976さん

iDeCoが一般的な預貯金や株と大きく違うのは、毎月の積立金額が全額所得控除の対象になり、運用益も非課税になることです。将来一時金、または年金として受け取るときには課税されますが、運用中は大きな税制優遇措置が得られます。ただし、子どもの教育資金やマイホーム購入のための資金ということであればiDeCoは不向きです。個人年金用の商品なので、60歳になるまで資金を一切引き出せません。全額をiDeCoに回すのではなく、預貯金や株と併用するとよいでしょう。

Nice 2 この回答が参考になったらボタンを押してください
  • 経験者:z666さん

iDeCoのメリットとしては「掛け金が所得控除されること」「受取までは運用益が非課税になること」が挙げられます。したがって、株などで利益が出ると税金がかかってしまうのが悩みという場合、iDeCoを活用すれば、そうした悩みからは解放されるといえるでしょう。ただし、iDeCoの場合、原則として60歳以降に積立が終わるまでは中途解約ができません。教育資金やマイホーム購入に向けた準備のように短期間、あるいは中期間の運用であれば、タイミングによってはiDeCoを活用できるかもしれません。しかし、基本的には別の方法で検討した方がいいでしょう。

Nice 1 この回答が参考になったらボタンを押してください

iDeCoの質問一覧へ戻る

おすすめQ&A

おすすめのカテゴリ